笑顔あふれる介護なら ゴールドエイジ株式会社

サービス付き高齢者向け住宅・介護関連コラム(8ページ目)

  • 失敗しない不動産投資「ショートステイ」のサムネイル画像
    介護について

    ショートステイ

    ショートステイは、短期間入所して日常生活全般の養育・介護を受けることができるサービスです。利用者さんが可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅に篭りきりの利用者さんの孤立感の解消や...
  • 失敗しない不動産投資「未来を想像して検討する事の大切さ」のサムネイル画像
    老後の住まい

    未来を想像して検討する事の大切さ

    今、このページを訪問してくださっている方は、少なくとも有料老人ホームかサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)へのご入居を検討しているご本人様か、ご家族様でしょうか?有料老人ホームやサ高住に住むことを検討...
  • 失敗しない不動産投資「介護付有料老人ホームのサービス提供者の違い」のサムネイル画像
    老後の住まい

    介護付有料老人ホームのサービス提供者の違い

    有料老人ホームに入居される場合、本人や家族の心身の状況、環境などに配慮し、希望に添った生活を送るために介護サービスの種類や内容を定めた「介護サービスの利用計画」、すなわち「ケアプラン」が重要です。この...
  • 失敗しない不動産投資「アルツハイマー型認知症での施設選択」のサムネイル画像
    老後の住まい

    アルツハイマー型認知症での施設選択

    アルツハイマー型認知症は、一般的に記憶障害や徘徊などが問題的行動として挙げられますが、"生活障害"の症状の進行も本人、家族にとって大きな負担となります。"生活障害"とは、食事、排泄、入浴、リモコンの操...
  • 失敗しない不動産投資「看護師の転職先として注目される特別養護老人ホーム」のサムネイル画像
    介護について

    看護師の転職先として注目される特別養護老人ホーム

    特別養護老人ホームは、要介護1から5の認定を受けた65歳以上の方を対象としており、身体上または精神上著しい障害により常に介護が必要な状態で、居宅において適切な介護を受けることが困難な方が入所する施設で...
  • 失敗しない不動産投資「特定養護老人ホームの入所判定基準と異常行動」のサムネイル画像
    老後の住まい

    特定養護老人ホームの入所判定基準と異常行動

    特別養護老人ホームにて異常行動として挙げられることの多くは、認知症によるBPSD行動(認知症の周辺行動)です。中でも負担が重いと感じる行動として「徘徊」が多いそうです。次いでは、放尿などの「脱抑制」、...
  • 失敗しない不動産投資「特別老人ホームでのケアプラン作成」のサムネイル画像
    老後の住まい

    特別老人ホームでのケアプラン作成

    特別老人ホームでのケアプラン作成では、入居されている100人に対して、必ず1名のケアマネージャーの配置が必要となります。現場で働いているケアマネージャーが入居者さんに対してケアプランを作成します。この...
  • 失敗しない不動産投資「人からわかること」のサムネイル画像
    老後の住まい

    人からわかること

    有料老人ホームやサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)、施設などを見学すると、いろんな人に出会えると思います。例えば私のような営業担当者。施設を案内し、費用やサービスについて説明をします。概要だけでなく...
  • 失敗しない不動産投資「介護度別のサービス」のサムネイル画像
    介護について

    介護度別のサービス

    介護度によって使えるサービスが異なることはご存知ですか。まず介護度は7段階に分けられていて、要支援1~2と要介護1~5になります。介護保険のサービスを利用する場合、要介護度別に一か月に利用できるサービ...
  • 失敗しない不動産投資「経管栄養の高齢者はサ高住では生活できない!?」のサムネイル画像
    老後の住まい

    経管栄養の高齢者はサ高住では生活できない!?

    経管栄養と言われてどんな状態かすぐ分かる方は医療・介護関係の方や、実際にそのような処置を受けられたご本人ご家族ぐらいではないでしょうか。経管栄養というのは、何らかの問題で口から食事が摂れなくなり、胃や...
見学・ご入居のお申し込み
  • 資料請求・お問い合わせ
  • よくある質問