サービス付き高齢者住宅(サ高住)における運動療法

ゴールドエイジでは、ほとんどの棟がデイサービスを併設することで、日頃のお客様の心身の状態を見守ることが出来ます。その一つとして、サービス付き高齢者住宅(サ高住)がデイサービスを併設することで、運動療法を取り入れることが可能となりました。

デイサービスで行っている運動療法をサービス付き高齢者住宅(サ高住)で継続して支援することも出来、サービス付き高齢者住宅(サ高住)にてお客様を見守ることによって気づく課題点などをデイサービスの運動療法で対策することが出来ます。
例えば、退院後、サービス付き高齢者住宅(サ高住)へ帰って来られたお客様が入院前に比べ下肢筋力が低下しており、以前ご自分で行くことのできていてたトイレが難しくなってしまった場合など、サービス付き高齢者住宅(サ高住)にて夜中の転倒などに気を付け、見守りを行い、一早く併設のデイサービスへ情報共有することで、運動療法により移動や立ち上がりの訓練はもちろん、トイレや椅子の位置など環境を加味した運動療法を取り入れることが可能となっています。

詳しくはゴールドエイジへお問い合わせください。