独居不安を解消する住まい探し

高齢者の一人暮らしが日本の課題となっています。いずれ自分が老人になる日は必ずやって来ますが、なかなかその年齢に達しないと理解出来ない事が多いかもしれません。
遠い自分の将来を悩むより先に、ご両親の介護の事で悩むのではないでしょうか。
一人暮らしが不安であるといっても、ご自身に対する不安と、家族に対する不安では大分違いがあります。

高齢な親を一人で生活させておくのは不安ですね。
御本人は「住み慣れた家で暮らしたい」「誰にも迷惑をかけたくない」と思われるようです。これは誰でも思う事です。しかし、体力の低下に伴い日常生活に支障が出たり、急な怪我や病気で病院まで一人で行くのが困難なとき、介護が必要になったとき、同居者がいないと困ることがあります。家族が就労していれば当然介護は困難です。

高齢者の独居不安はいつ何時現実に突きつけられるかわかりません。長く生きれば生きるほど不安が多く、尽きることがありません。そこで独居不安を取り除くため、家庭的な有料施設が増えてきています。

今までの施設は「老人ばかりで暗い」「同じ部屋では息が詰まる」と、暗いイメージでしたが、それも転換されてきています。医療や福祉、生活支援の充実、地域づくり等を意識した住まいで独居不安を取り除く事が当たり前のようになってきています。

自分の暮らしに合った住まいを探しませんか?
家族や親族と費用や協力の相談、専門家の意見、体験入居。
自分の気持ちを伝えじっくり検討してみましょう。