『グループケアホーム』の入居者の症状

『グループケアホーム』とは、認知症に特化した住宅となります。
グループホームとサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)を合わせたゴールドエイジの商品です。
グループ単位でケアを行う生活スタイルのサービス付き高齢者向け住宅で、グループ毎に生活することで、認知症の方に安心して生活を送っていただくことが目的になります。

集団生活型介護という言い方もありますが、グループケアホームは認知症の方が少人数で安心して穏やかに生活して頂ける場です。認知症の症状に記憶障害、見当識障害、判断力の低下、妄想、幻覚、依存、徘徊、攻撃行動、睡眠障害、介護の抵抗、異食・過食などありますが、その方の症状にあった生活支援を行います。

例えばキッチンでは入居者さんにお手伝い頂き、職員が一緒の食事を作り共に会食をしたり、入浴では安全に配慮しながら見守り介助、排泄ではトイレへ誘導、オムツ交換などを支援させて頂きます。

職員と共に少しでも楽しみながら安全に生活できますように、また住宅の中にも昔を懐かしまれる工夫がされています。詳しくはゴールドエイジへお問い合わせください。