『サービス付き』とは

サービス付き高齢者向け住宅に入居をご希望される方は、賃貸借契約を結んで頂く事になります。ゴールドエイジでは、主に要介護認定を受けた方を対象に入居して頂いておりますが、基本的に職員が無断で入室する事はありません。入居者様の居住の権利は保障されていて、定時に安否確認を行うため、要介護認定を受けた方でも安心してお住まいいただけます。また、有料老人ホームとは違い、入居一時金は必要ありません。

サービス付き高齢者向け住宅と聞いて勘違いされている方もいらっしゃいますが、この『サービス付き』というのは、介護保険のサービスを指しているわけではありません。あくまで『状況把握(安否確認)』と『生活相談』のサービスです。

例えば、要介護認定を受けている方で介護が必要な場合は、介護保険のサービス(訪問介護やデイサービス等)を利用する必要があります。しかし、個人の様々な生活スタイルに柔軟に対応でき、要介護認定を受けた方で今まで担当されていたケアマネージャーを引き継げる点においては、サービス付き高齢者向け住宅で暮らすのは大きなメリットと言えるでしょう。

ゴールドエイジのサービス付き高齢者向け住宅には、ご夫婦で入居できるように二人用の部屋も完備されています。全館バリアフリー構造で、要介護認定を受けた方でも安全に生活を送っていただけます。また、ゴールドエイジのサービス付き高齢者向け住宅では、身体状況の変化に合わせて様々な介護保険サービスの利用が可能です。