ホームヘルパーが抱える不安!?

ホームヘルパーは、訪問介護員とも呼ばれます。
心身に障害がある方や高齢者等の家庭を訪問して、家事援助や介護をする人の事です。

ホームヘルパーの9割以上が女性スタッフで、常勤労働者は約53%、短時間労働者は45%。
そのうち登録訪問介護員として就労する人が約34%となっています。また、ホームヘルパーの93%が働く上での悩み、不安、不満があると答えています。では、現場で働くホームヘルパーが抱える「不安」はどのようなものでしょうか。

① 腰痛等、体力、健康面に不安が有る
② 難しい問題が起きたときの対処に自身が無い

これらが、それぞれ不安の約40%を占めています。一般在宅へ1人でサービスを行うホームヘルパーにとって、以下のものも挙げられています。

③ 仕事上の疑問や悩みについて適切な助言、指導を受ける機会が無い」
④ 同僚とコミュニケーションする機会が無い

ゴールドエイジの「チームケア」を大切にした環境は、これらの不安を抱えてサービスにあたるホームヘルパーにとってはとても安心な環境と言えるでしょう。ホームヘルパー同士のコミュニケーションだけではなく、住まいであるゴールドエイジでの沢山の介護、看護スタッフといつでも情報共有が可能で、ケア時の急な変化にもいつでも誰かが迅速に対応出来る環境が整っています。

この環境は、働くホームヘルパーだけの不安解消では無く、サービスを受ける利用者への安心にもつながります。また、ゴールドエイジのホームヘルパーとして、サービス提供責任者としての責務をそれぞれの専門研修のカリキュラム研修を受ける事ができ、働く上での目標、やりがい、達成感を感じることが出来ます。

ホームヘルパーは、これからの多様化した生活の中での介護にとても重要な職種となります。
ゴールドエイジで共に学び、働き、やりがいを感じ、キラキラした「働く女性」を目指しましょう!