ケアプランとは

在宅などで介護サービスを受けるには、ケアプラン(介護サービス計画)が必要になります。

ケアプラン(介護サービス計画)とは、介護を必要とする方が介護サービスを安心して利用出来るように、心身の状況・生活環境・利用者様とご家族の要望を聞き、適切なサービスの種類、内容、サービスを提供する事業者を決定し、月々のスケジュールにしたものです。スケジュールに沿って介護サービスが提供されます。

ケアプランは、利用者様の介護度に応じた支給限度額内で作成されることが原則で、利用した金額の1割を負担することで介護サービスを受けられます。ケアプランには、介護保険のサービスの他にも様々な社会資源、たとえばボランティアなどもケアプランに盛り込む事が出来ます。
この様な方はなかなかおりませんが、支給限度額を超えるサービスをケアプランに盛り込むことも可能ですが、支給限度額を超えた分は10割負担、つまり全額自己負担となります。

ケアプランを作成するためには、居宅介護支援事業者を選び、どのようなサービスが適切なのかをケアマネジャーと相談する必要があります。介護を必要とする方もしくはそのご家族などの依頼からがスタートで、ご自宅を訪問してアセスメントした内容と主治医などの意見などを元にして作成します。法律上は自分で作成することも可能ですが、専門職に依頼した方が確実かと思います。 

ところで、ケアマネージャーとはどういった職業なのでしょうか。
正式名称は「介護支援専門員」。世間では「ケアマネージャー」の方が馴染みがあるでしょうか。
ケアマネージャーは、利用者様・ご家族を中心に、各サービスの提供者などが参加して行われるサービス担当者会議を開催してケアプランの内容を検討・調整し、利用者様・ご家族の承諾を得てケアプランを作成します。

日本の介護保険制度は、要介護者の自己決定権の尊重、生活の継続そして自立支援を基本理念として創設されました。ケアマネージャーは、こうした理念を踏まえ、利用者様の立場に立った介護サービスの効果的・効率的な給付と質の高い介護サービスを実現するために、適切なケアマネジメントを実践しております。