経管栄養が必要な方の入居先選び

経管栄養が必要な方、経管栄養に対応している施設や有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅を選ぶ必要があります。

経管栄養とは管を介して栄養や水分を補給する方法で、経管栄養法といいます。
何らかの疾病にて口から栄養が取れない状態になってしまった方に胃や腸に管を通し、直接栄養を摂取する方法です。

以前であれば看護師が行っていましたが、平成24年に法改正があり、研修を受けた介護士も行える様になりました。(※胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養のみ。)
ただ有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅では看護師や研修を受けた介護士が少ないため、経管栄養を必要とする方の入居を断られる場合があり、探すのに苦労する場合があります。

特別養護老人ホームは現状でも待機人数が3桁との話もあり、経管栄養が必要な方の場合、その中で順番が遅くなることもあると聞きます。すぐにでも入居を考える場合、研修を受けた介護士が多く居る所を探すよりも、看護師が常駐している有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅を探す方が、スムーズに入居できるかもしれません。