<グループケアホーム>を全国展開へ

<グループケアホーム>はゴールドエイジが作った造語です。
グループホームとサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)を合わせたゴールドエイジの商品名です。
認知症に特化した住宅となります。

サービス付き高齢者向け住宅で全国展開しているゴールドエイジでは、様々な生活スタイルや要望によって運営方法を変えてまいりました。その他展開中の商品は以下のものになります。

<アクティブケアホーム>
軽介護度の方に向けたサービス付き高齢者向け住宅。

<デイケアホーム>
デイサービスを中心に生活のリズムを形成する。

<ナースケアホーム>
重度の方や医療処置が必要な方に対して24時間看護師が常駐。


そして、現在企画進行中なのが、この<グループケアホーム>です。
<グループケアホーム>はその名の通りグループ単位でケアを行う生活スタイルのサービス付き高齢者向け住宅になります。グループ毎で生活をすることで、認知症の方にも安心して生活を送っていただくことが目的になります。
この<グループケアホーム>は全国展開の起点となっている三重県四日市市に計画をして進めています。

アクティブケアホームとデイケアホームは全国に展開していますが、ナースケアホームはまだ1ヶ所です。しかし地域の関係機関や住民の方々からは次のナースケアホームを望むお言葉もいただいています。<グループケアホーム>もそのような皆様から必要とされるようなサービス付き高齢者向け住宅になれれば全国展開も夢じゃないと思います。詳しくはゴールドエイジへお問い合わせください。