<グループケアホーム>でのリハビリテーション

<グループケアホーム>とはゴールドエイジが展開する『サービス付き高齢者向け住宅』の商品名です。
認知症に特化した住宅となります。

<グループケアホーム>では入居者様の生活と密に関わることで、身体状況だけでなく生活環境をも観察いたします。そのため、その人が今何に不自由を感じているのか、本当に必要なものは何か、という部分を把握しやすく目標が明確となり、リハビリへと繋げて行くことができます。

ゴールドエイジでは毎月機能訓練指導員の研修を行っており、専門的な知識を学ぶことによりリハビリの充実化を計っています。また理学療法士が参加することで、より専門性も増し、具体的なリハビリへと繋がります。

理学療法士の指導のもと個別機能訓練計画書を作成し、リハビリを行う際には統一認識、情報共有を行うことで入居者様へ安定した的確なリハビリを行っていくことが可能となります。

住環境を見つめ直することで入居者様の生活は大きく変わります。何のためにリハビリをするのかが重要であり、自立支援へと近付けることを目指します。