入居前面談

サービス付き高齢者向け住宅への入居を考えた際に、どのような方が入居されているのか気になりますね。
様々な病状でご自宅での生活が困難になってみえる方が多いので
「車椅子でも大丈夫ですか?」
「要介護5になっても大丈夫ですか?」
「認知症ですけど大丈夫ですか?」
といった質問が多く聞かれます。
やはり病状に関しての質問が多く、一番心配されているところだと思います。

それぞれのサービス付き高齢者向け住宅によって特色や決まり事がありますが、ゴールドエイジのサービス付き高齢者向け住宅では、まずは入居前に面談がございます。どんな病状か、何に困っていらっしゃるか、どのような生活を望んでいらっしゃるか、などを確認いたします。

私たちは、診断書に書かれた病名だけではなく、実際ご本人様やご家族様とお会いしてお話しさせていただくことをとても大切に考えております。
同じような病状の方でも望まれる生活はすべて違います。ご自身の生活を作る自由があるのがサービス付き高齢者向け住宅です。

お困りの部分は在宅サービスや生活支援サービスなどの支援を受けて、できる限り望まれる生活を送っていただけるように一緒に考えたいと思っております。
また病状の変化などに合わせてサービスのご利用を変えていくこともできます。

いろいろな工夫をすることによって、より安心で快適なサービス付き高齢者向け住宅の生活をお過ごしください。詳しくは、ゴールドエイジにお問い合わせください。