公開日:2021.07.12

ゴールドエイジのサービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入居では、「60歳以上の高齢者または要介護者・要支援者」「60歳以上の高齢者または要介護者・要支援者の同居者」が基本条件となっています。
施設によって、「感染症にかかっていない」「重度の認知症ではない」「身の周りの事が出来る」等の条件が、それぞれ決められていることもあるため、詳細は直接施設へ問い合わせる必要があります。

ゴールドエイジのサービス付き高齢者向け住宅は、①ナースケアホーム②アクティブケアホーム③デイケアホーム、と特色ある住まい・サービスの運営をしています。そのため、要介護者が体調や状態変化に伴う要介護度の変更に脅かされることなく、一生安心して住み続けることが可能なサービス付き高齢者向け住宅です。

①ナースケアホーム
要介護4、5といった介護量が多く、また、医療的な観察、処置の必要な方が安心してお住まい頂けるサービス付き高齢者向け住宅です。

②アクティブケアホーム
要介護者でも、軽度の方々が楽しく活き活きと生活できるサービス、環境を維持したサービス付き高齢者向け住宅です。サ高住そのものが一つの自治体のように機能し、みんなでバス旅行や外食、地域のイベントへの参加を通じて、孤独になることなく、生涯、人との交流を楽しむことができます。

③デイケアホーム
サービス付き高齢者向け住宅内に介護保険サービスの通所介護事業所を併設し、要介護者が公的サービスを上手く生活に取り込み、日常生活上で維持したい身体機能の維持や、認知機能の低下予防などに努め、住み慣れた地域での生活を継続させる援助が可能です。

ゴールドエイジは、要介護者が安心して楽しい生活を続けられる住まいと、要介護者が日々の生活の中で身体機能、認知機能の維持、向上に努めることができるサービス展開を考えたサービス付き高齢者向け住宅の運営に努めています。