公開日:2021.07.12

サービス付き高齢者向け住宅の24時間介護対応

サービス付き高齢者向け住宅とは、「ケアの専門家が日中常駐し、高齢者の方が安心して入居できる住まい」です。サービス付き高齢者向け住宅の指定基準には、社会福祉法人、医療法人、指定居宅サービス事業所等の職員または医師、看護師、介護福祉士、介護支援専門員、ヘルパー2級以上の資格を有する者が少なくとも日中常駐し、サービスを提供する。常勤しない時間帯は、緊急通報システムにより対応。とされ、少なくとも状況把握(安否確認)サービス、生活相談サービスを提供することが義務づけられています。

介護サービスの内容は運営会社によって様々ですが、多くのサービス付き高齢者向け住宅では、「24時間介護スタッフの常駐」をうたい、24時間、サービス付き高齢者向け住宅の介護スタッフが常駐し、入居者の身体介護や生活支援、一人一人の状態に合わせたケアを提供し、生活をサポートしています。

又、各種在宅サービスを利用しながら夜間の介護を受ける事も可能で、外部サービスとして居宅サービスである「定期巡回/随時対応型訪問介護看護」など、地域密着型のサービスを利用して24時間の介護体制を維持する事も可能です。

このように、サービス付き高齢者向け住宅は、24時間の見守りサービス、生活相談を行うために、24時間介護スタッフを常駐させ、さらに各種サービスを利用する等、一人一人にあった24時間介護サービスで、自立者から要介護者まで安心、快適な生活ができるよう今後、高齢者が安心して安全に暮らせる住まいとして信頼向上が期待されています。