笑顔あふれる介護なら ゴールドエイジ株式会社

サ高住コラム「グループホームで余生を過ごす」

失敗しない不動産投資「グループホームで余生を過ごす」のサムネイル画像

グループホームで余生を過ごす

掲載日 : 2015年01月26日

グループホームとは、障害や病気をお持ちの方が少人数で専門職の方に援助を受けながら、一緒に生活を送る場所です。地域社会に溶け込み、交流も前提としています。

グループホームでは、自立支援を目的として介護スタッフさんに援助を受けながら、5人から9人の単位で自立した生活を送りながら症状の改善、自立支援を行います。最近では認知症対応型のグループホームを『グループホーム』と言うことが一般的になっています。ですが、認知症の症状が進んで着替えや排泄、食事などが一人で出来なくなってしまった場合、慢性疾患のために日常的にケアが必要になってしまった場合などは、グループホームを退去しなければなりません。

ゴールドエイジの認知症グループホームのケアは、認知症の方が日常生活の中で生活を送る上で混乱しないような配慮を行っています。『心の痛みの緩和』『心の癒し』『満足のいく生活』ができるように促していきます。地域の方々やボランティアと楽しく交流したり食事を一緒に作ったり、買い物に出かけたりと普通の生活の実現を目指します。

認知症方が安心した日常生活を送るには個人の尊厳を保つことで価値ある人生を送り、家族も安心して生活できることが必要です。認知症の方は地域社会全体で支えなければならない存在といえます。詳しくは、ゴールドエイジまでお問い合わせくださいませ。

OTHERその他のコラム

  • 失敗しない不動産投資「藤枝」のサムネイル画像
    イベント紹介

    藤枝

    運動会をしました。玉入れでは遠くの籠をめがけて、パン食い競争では歯形がつくほど大きなお口で。飴玉探しで粉だらけのスタッフにも、沢山笑って楽しい時間を過ごしていただきました。
  • 失敗しない不動産投資「花三千」のサムネイル画像
    イベント紹介

    花三千

    花三千で初めて、100歳を迎えられたご入居者さまがいらっしゃいます。皆でハンドベルを演奏し、大きなケーキとスペシャルバージョンの垂れ幕でお祝いをしました。しっかりとご挨拶されるお姿に感無量でした。これ...
  • 失敗しない不動産投資「下之宮ルピナス」のサムネイル画像
    イベント紹介

    下之宮ルピナス

    干し柿を作りました。ご入居者さまの懐かしみながらの手際の良さに驚きました。若い職員が渋柿を知らずに味見をして・・その表情に皆さま大爆笑でした。
  • 失敗しない不動産投資「エフ」のサムネイル画像
    イベント紹介

    エフ

    ちぎり絵と貼り絵の作成をしました。皆さま夢中になり、思いを込めて納得のいく作品に仕上げられました。これらの素敵な作品は館内に飾り、ご家族さまやご来訪者さまにも見て楽しんでいただいています。
見学・ご入居のお申し込み
  • 資料請求・お問い合わせ
  • よくある質問