笑顔あふれる介護なら ゴールドエイジ株式会社

サ高住コラム「サービス付き高齢者向け住宅のおける褥瘡」

失敗しない不動産投資「サービス付き高齢者向け住宅のおける褥瘡」のサムネイル画像

サービス付き高齢者向け住宅のおける褥瘡

掲載日 : 2015年02月05日

今回は褥瘡ケアのお話です。ゴールドエイジの『サービス付き高齢者向け住宅』(サ高住)では、3年以上の長期にわたり、医師、介護、看護、理学療法士の各専門職が情報を共有して連携し、褥瘡に取り組み続けています。

ゴールドエイジのサービス付き高齢者向け住宅にはデイサービスが併設されています。このデイサービス事業所では訪問介護サービスが行われています。しかし、一人のご入居者様への関わりは、これだけでは不足しています。医療に関わるような状態変化があれば対応できません。疾病によって頻度は異なりますが、適時医師、看護師による医療対応が必要になりますが、ゴールドエイジのサービス付き高齢者向け住宅では24時間入居者様に関わることで気付くことがあり、予測出来ることです。全身状態、皮膚の状態の変化を早期に発見し、新たにできる褥瘡を予測することで、悪化を予防できます。

ゴールドエイジの介護士は医療への知識、また組織として地域の医師と関わることで入居者様の生活を改善しています。地域との関わりを大切にし、必要とされる役割を尊重し合い、専門職がそれぞれの目線からの対応を指示、提案します。ゴールドエイジでは、それらをまとめ、率先し、電波塔のような役目をすることで、ご入居者様、ご家族の笑顔のために取り組むことができました。

ゴールドエイジのサービス付き高齢者向け住宅では、情報共有の大切さを全員で学ぶことができました。褥瘡ケアについて、詳しくはゴールドエイジまでお問い合わせください

OTHERその他のコラム

  • 失敗しない不動産投資「中小河原」のサムネイル画像
    イベント紹介

    中小河原

    ある雨上がりの午後、ご入居者さまと一緒に散歩へ...とその時、東の空に大きな虹が!「きれいだねー、こんなに大きな虹は初めて見た!」と皆さま大感動でした。ことわざ通り、翌日の甲府市は晴天でした。
  • 失敗しない不動産投資「フォーリア」のサムネイル画像
    イベント紹介

    フォーリア

    納涼会を実施しました。スイカ割りや的当て、職員によるかき氷早食い大会など笑いの絶えない時間となりました。
  • 失敗しない不動産投資「三条」のサムネイル画像
    イベント紹介

    三条

    「一局頼みます!」と腰をかけ、真剣な眼差しでお互いの顔を見ながら相手の手を読み合い、お声をかけるまで真剣勝負が続きます。毎回、最後は笑顔の握手で引き分けです。
  • 失敗しない不動産投資「エクセレント」のサムネイル画像
    イベント紹介

    エクセレント

    夏祭りを行いました。ヨーヨー釣りや輪投げでご入居者さまに楽しんでいただきました。チョコバナナやかき氷も「美味しい~!」と大変喜んでくださいました。
見学・ご入居のお申し込み
  • 資料請求・お問い合わせ
  • よくある質問