笑顔あふれる介護なら ゴールドエイジ株式会社

サ高住コラム「ゴールドエイジ(サ高住)での作業療法士の活躍」

失敗しない不動産投資「ゴールドエイジ(サ高住)での作業療法士の活躍」のサムネイル画像

ゴールドエイジ(サ高住)での作業療法士の活躍

掲載日 : 2014年12月08日

作業療法士は、<こころ>と<からだ>のリハビリを行う専門家です。理学療法士が座る・立つなどの基本的な動作に対して、作業療法士は、指を動かす、食事をする、入浴をするなど日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。

「日常生活活動(ADL)」ができるようになるための治療や援助を行うことで、仕事、趣味、遊びなど「元気な日常生活を送ってもらうため」のリハビリを支援します。例えば、患者さんの趣味・嗜好を考慮しながら、手芸や陶芸を通して応用動作ができるよう支援し、社会的に適応していくまでリハビリをサポートします。機能回復に加えて、患者さんが生き生きと生活していけるよう精神面(こころ)のサポートまで行う役割を担っています。作業療法は、理学療法の後を引き継いで療法を行うことが多いため、医療機関をはじめ、医療と福祉の連携施設などでも活躍しています。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)であるゴールドエイジでは、併設した通所介護や生活支援などでレクリエーションなどを通し、生きがいをサポートしています。特に個々の高齢者の方に合った生きがいを見つけて頂くために、リハビリの専門である理学療法士や作業療法士を併設の通所介護の機能訓練指導員として配置し、個別計画に基づきサービスを提供しています。


住環境の整ったサービス付き高齢者向け住宅では、日常動作的な事には対応が早く行えます。比較的ご本人の出来ることが多くなり、日常生活動作の習得が出来ます。しかし、ご家族や住み慣れた住居から離れ、一人での生活となるため生きがいのある生活をしていけるようなサポートが必要となります。そんな時、ゴールドエイジでは作業療法士と共同で、リハビリやアクティビティなどを行なっています。脳卒中/パーキンソン病/リウマチ/脊髄損傷/統合失調症/躁うつ病/アルコール依存症/認知症/の方々には、特に作業療法をお勧めします。

詳しくはゴールドエイジへお問い合わせください

OTHERその他のコラム

  • 失敗しない不動産投資「藤枝」のサムネイル画像
    イベント紹介

    藤枝

    運動会をしました。玉入れでは遠くの籠をめがけて、パン食い競争では歯形がつくほど大きなお口で。飴玉探しで粉だらけのスタッフにも、沢山笑って楽しい時間を過ごしていただきました。
  • 失敗しない不動産投資「花三千」のサムネイル画像
    イベント紹介

    花三千

    花三千で初めて、100歳を迎えられたご入居者さまがいらっしゃいます。皆でハンドベルを演奏し、大きなケーキとスペシャルバージョンの垂れ幕でお祝いをしました。しっかりとご挨拶されるお姿に感無量でした。これ...
  • 失敗しない不動産投資「下之宮ルピナス」のサムネイル画像
    イベント紹介

    下之宮ルピナス

    干し柿を作りました。ご入居者さまの懐かしみながらの手際の良さに驚きました。若い職員が渋柿を知らずに味見をして・・その表情に皆さま大爆笑でした。
  • 失敗しない不動産投資「エフ」のサムネイル画像
    イベント紹介

    エフ

    ちぎり絵と貼り絵の作成をしました。皆さま夢中になり、思いを込めて納得のいく作品に仕上げられました。これらの素敵な作品は館内に飾り、ご家族さまやご来訪者さまにも見て楽しんでいただいています。
見学・ご入居のお申し込み
  • 資料請求・お問い合わせ
  • よくある質問